脊柱管狭窄症は手術とリハビリで治療しよう

腰痛を解消する治療

腰痛

脊柱管狭窄症の治療やリハビリを受ける際は最新医療に取り組んでいる医療施設を選ぶと良く、治療にも影響を与えます。外科手術の最新治療では従来よりも少ない切開で済んでおり、体の負担はもちろん体力や筋力の低下も抑制できます。

More Detail

神経が圧迫される疾患

病室のベッド

腰部脊柱管狭窄症は神経が圧迫されることによって下肢に痛みや痺れなどを生じる疾患です。神経根型、馬尾型、混合型の3つに分類されます。効果的な治療はリハビリテーションです。やり方さえ覚えれば、自宅でも行うことができます。

More Detail

腰痛改善と治療

腰を押さえる男性

腰痛は原因を突き止める事が大切ですが、脊柱管狭窄症の場合は軽度であればリハビリや服薬でも改善できます。治療を受ける時の注意点は痛みの程度に合わせるであり、中にはがんや腫瘍が隠れている場合もあるので気を付けます。

More Detail

腰痛の病後観察

老夫婦

治療の特徴

腰痛に悩む人は全国に約3000万人程度おり、国民病とも言える病として幅広い年代が悩んでいます。腰痛はあらゆる原因が引き金になって引き起こりますが、多様な症状が発生するため、日常生活にも影響を与えます。たかが腰痛でも生活が困難になる場合もあるので、早期発見と早期対策が必要になります。60代以降の中高年に多く見られる腰痛の一つに脊柱管狭窄症があり、加齢が要因となって引き起こります。背骨の中の脊柱管と呼ばれる神経が通る管が狭くなり、神経や血管を圧迫するため脊柱管狭窄症と呼びます。痛みの状況を見ながらリハビリか外科手術を決定しますが、最優先されるのは患者の体の負担です。近年では小さな切開のみで治療も可能となっているため、更に体の負担は少なくなっています。

支持されるワケ

脊柱管狭窄症の治療は日常の様子や痛みの状況を見ながら判断を下しますが、放置すると痛みが重くなる可能性があります。痛みが重くなると歩行困難や神経圧迫による体調不良も考えられるため、慎重に見極める必要があります。足取りに特に問題が無く痛みが軽度の場合は薬やブロック注射、リハビリ等の保存療法が適用になります。様子を見ながら薬や注射を調整したり、リハビリの内容を段階的に替えていきます。安全性は高く自分のペースで継続できるため、リハビリを通して改善していく過程をゆっくりと観察できます。足取りに異変があり痛みが重度の場合は、小さな穴を開け内視鏡を使用した手術が行われます。脊柱管狭窄症の原因部位を切除し圧迫を取り除きますが、2泊3日で退院できるため負担は少ないです。