脊柱管狭窄症は手術とリハビリで治療|悩む人は全国に約3000万人

腰痛を解消する治療

腰痛

治療の注意点

腰痛や首の痛み、手足のしびれといった特徴を持つ脊柱管狭窄症は、中高年に多く加齢として放置される場合もあります。脊柱管狭窄症は加齢も一つの要因ですが、脊柱管が狭くなるため、神経や血管を圧迫する事で発生する痛みです。そのため痛みの原因を突き止め痛みを取り除かないと、予期せぬ事態へと発展する可能性もあります。治療を受ける際は脊柱管狭窄症に詳しく、リハビリが充実している医療施設を選ぶよう、気を付ける必要があります。脊柱管狭窄症は精密検査を行わないとハッキリしない症状なので、MRIやマルチCTが整っている施設を選びます。また外科的治療を行わなくてもリハビリで改善する事もあるため、リハビリ施術や機器が充実している施設が良いです。

最新技術の豆知識

腰痛によって症状は様々ですが、中には脊髄腫瘍や骨のがんが隠れている可能性もあります。脊椎精密検査は最新機器を用いれば、痛みの原因を早く突き止める事ができます。そのため評判の良い整形外科や脳神経外科を受診すると、治療計画も早期に立てられます。脊柱管狭窄症の外科的手術の最新治療には、従来よりも少ない範囲の切開で行っています。経皮的内視鏡下脊柱管拡大術と呼ばれ、体の負担は更に少なくなっているので、入院期間も短くて済みます。その事により体力や筋力の低下が抑制でき、高齢者によっては最適な手術でもあります。リハビリにも最新技術が用いられており、脊柱管の負担を軽くするため、無理なく作業できる機器が増えています。