脊柱管狭窄症は手術とリハビリで治療|悩む人は全国に約3000万人

腰痛改善と治療

腰を押さえる男性

治療で得られるメリット

背骨は体の大黒柱でもあり、背中や腰や首を支える重要な部分でもあるため、痛みが発生した場合はすぐに対処する必要があります。痛いのに我慢したり放置すると症状が重くなる可能性もあるため、なるべく早く医療機関を受診します。中高年がかかりやすい腰痛の原因の一つに脊柱管狭窄症がありますが、症状や痛みに合わせて治療方針が決定されます。軽度の場合はベルトを装着したり痛み止めを処方したりして様子を見ますが、重度になると手術が必要です。また可能であればリハビリを行いますが、リハビリを行う事で改善する場合もあるため、原因を突き止める事が大切です。治療を受ける事で歩行困難や、日常生活に与える影響を最小限に留める事ができます。

痛みの注意点

腰痛の原因は様々ありますが、時間が経っても治らない時や痛みがまず場合は医療機関を受診します。その場合は受診するのは整形外科であり、いきなりリハビリやマッサージ店を利用するのは避けます。痛みの原因がハッキリしないのに施術を受けると痛みが強くなる場合もあるため、予期せぬ事態は避けた方が無難です。脊柱管狭窄症と診断された場合、痛みの程度に気を付けてリハビリや治療を開始していきます。リハビリでは痛みを取り除くため専門機器を使って、脊柱管の圧迫を少しずつ改善していきます。それと同時に脊柱管狭窄症の痛みを緩和するための服薬やブロック注射も行いますが、どちらも定期的に管理する必要があります。脊柱管狭窄症は神経や血管を圧迫するため痛みが発生しますが、中にはがんや腫瘍が隠れている場合もあります。